それは本当に水虫?間違いやすい症状がある

水虫と間違いやすい症状としてまず、白癬菌という物が原因になっている事があります。
これはカビの一種で皮膚の角質層に寄生することで起こりりやすく主に足になりやすい物です。これも水虫の一種です。
また、接触皮膚炎という病気は皮膚に接触した物質の刺激やアレルギーによって生じる皮膚炎で強い刺激の急性毒性皮膚炎と弱い刺激を繰り返す慢性刺激性皮膚炎があります。

皮膚カンジダ症とは粘膜の常在菌であるカンジダという菌が増殖や変形をして、皮膚と粘膜に感染が生じるもので白癬菌によるものの1割程度の可能性でなります。
また、カンジダ菌はみんなが持っている物ですが発病する事は少ないです。
この症状の治療に使われることが多いのがカーネステンという薬で膣錠とクリーム状のものがあり、併用して使う事が多いです。

汗疱性湿疹は掌や足底に小水疱が左右対称に出て、放置すると乾燥しますし、かゆみが出ます。
水虫とは違い菌が存在しない為感染の心配はなく春夏頃に悪化することが多いです。
また水虫の細菌の感染として温度や湿度が高く通気性が悪い場合や蒸れた場所に起こりやすいです。
どういったパターンがあるかというと趾間型という指の間に起こりやすい物や小水庖型、角質増殖型や白癬菌によるものがあります。
その中で角質増殖型は皮膚が厚く硬くなりますが痒みが少ない為、放置している場合気づきにくい症状でもあるので、治りにくい症状です。

また、最近この症状が増えているので注意が必要です。
小水疱型は皮膚が剥けてくる症状があり、趾間型は白くふやけた状態になり悪臭を伴う場合があります。
見分け方として素人では中々どの症状か見分けがつきにくく、治療の方法も分からない場合はまず皮膚科を受診すると良いです。
菌を取って調べてくれるので水虫かどうかも分かりますし陰性か陽性かも分かるので良いです。
また、水虫の薬を処方された場合は療法を守り使わないと治らない場合があるので注意が必要です。

カンジダ症の治療法

水虫は、上記で挙げたように接触皮膚炎を始め皮膚カンジダ、汗疱性湿疹、白癬菌などの症状と間違いやすいといわれています。
特に皮膚と粘膜に細菌の感染が起こる皮膚カンジダと間違われやすく、はっきりとした見分け方がありません。

そんな水虫に似ているカンジダ症の有効な治療法と考えられているのが、カーネステンという薬です。
基本的にカンジダ治療では、膣錠とクリームなどの外用薬を併用することで治療を行っていきます。
治療薬のカーネステンは実績の高いバイエル社という製薬会社が製造・販売しているので、副作用もなく安心して服用できます。

まず、カーネステンのクリームは抗真菌薬と呼ばれるもので、カンジダの原因となる真菌の増殖の抑制・殺菌効果があります。
そもそもかゆみなどカンジダの症状を引き起こす真菌は、細胞膜成分を生合成する事によって増殖していきます。
カーネステンには生合成の過程を阻害する効果があるため、クリームを塗布する事で真菌を死滅させられるというわけです。

塗布する方法は、まず患部を清潔にしてから1日2、3回、6時間おきくらいに患部全体に薄く広がる程度に適量塗布していくだけです。
すると、個人差はありますが、およそ3日から1週間ほどで症状が改善していきます。
症状が悪化してしまっている場合は2、3週間くらい要することもあります。

次にカーネステンの膣錠の使い方は、1回1錠を6日間続ける方法、1回2錠を3日間続ける方法の2種類あります。
どちらの方法でも十分に治療効果があるので、自分にとってやりやすい方法を選ぶといいです。
使用する際の注意点は、必ず患部を清潔にしてから奥まで挿入する事です。そして、必ず就寝前のタイミングで使う事が大事です

関連ページ