水虫の治し方!イミダゾール系のニゾラール?

カビや水虫は単に清潔にしているだけでは大丈夫ではありません。
想像しているよりも私達の周りに繁殖しています。少しでもきっかけがあれば、どんな人でも避けることは不可能な疾患なのです。

ニゾラールは「ケトコナゾール」という成分の抗真菌薬の一つです。
ケトコナゾールはその分子の構造からイミダゾール系真菌薬と呼ばれています。

水虫の原因であるカビ、酵母やキノコといった真菌に反応して、増えないように防ぐ働きがあります。
ケトコナゾールが水虫に効くメカニズムは、ケトコナゾールが直接真菌を攻撃するのではなく、真菌が増殖する原因であるエルゴステロールという成分の発生を防ぐからです。

水虫の治し方はケトコナゾールのクリームかローションを塗布することになります。
クリームはべたべたしていますが、水薬はすぐに浸透するので、ベタベタすることはありません。
そのため、毛が多い部分などにはローションが適しています。
ただ浸透力が高いと刺激が強くなるため、皮が剥けたりしている部分にはクリームの方が適しています。副作用はそれほど起りません。

しかしどの塗り薬にもつきものの、皮膚との関連から起こる、皮膚炎や痒みがある場合があります。
ケトコナゾールが効果を発揮するのは白癬菌全般です。つまり足白癬、股部白癬などです。
また脂漏性皮膚炎もカビが関わっているので効果があります。ガンジダ症、癜風に対する使用も、医療保険で認められています。
イミダゾール系の抗真菌薬の外用は複数市販されていますが、ケトコナゾールを含む市販薬は販売されていません。

水虫の症状が重くて、市販薬では治せない時は皮膚科で処方してもらうことになります。
もしも忙しくて病院に行く暇がない場合は、個人輸入という形で外国から通販で購入することも不可能ではありません。
でもその場合は完全に自己責任で使用することになるので、用法・容量・副作用などについての説明をよく読んで検討することにしましょう。

有効成分のケトコナゾール

ニゾラールは、ケトコナゾールはイミダゾール系の真菌を殺菌する塗り薬です。
強い抗真菌活性や幅広い抗真菌スペクトルを特徴としていて、水虫などに効果的があります。
クリーム・液剤(ローション)、スプレーの3種類の製剤が販売されていて、症状や部位の使い方などを考慮して使用します。
一般的にどんな症状にも合うのはクリームで、1番処方されやすく、湿潤している幹部にも無難な選択です。
また、液剤は刺激が強いので皮膚が厚く角質化してしまっている幹部には、浸透しやすくおすすめです。

水虫の治し方にはメカニズムがあり、患部より広めに良く擦り込むようにして、皮膚の角質層にまで、十分しみ込ませることが重要なポイントです。
そして、根気強く継続して根気強く続けることで、皮膚の周囲についている菌や角質にまで潜んでいる菌を完全に死滅させることができ、このケトコナゾール成分で水虫を完全に治すことが出来ます。
特に足の裏などの厚くなってしまった角質層では、1年以上継続しなければならない場合がありますので、医師に指示させている期間は使用を続けて下さい。

副作用は塗り薬なので少なく、塗布時に軽い刺激を感じる場合がありますが心配はいりません。
もちろん個人差があり、人によってはかぶれを引き起こす場合もあるので、赤みやかゆみなどの水虫の症状が悪化してしまった場合には、使用を一旦中止して医師に相談するようにして下さい。
ケトコナゾールを使用できない人は特にいませんが、水虫などの治療薬でかぶれなどの症状を起こしたことのある場合にも相談が必要です。

ケトコナゾールの有効成分を含んでいるニゾラールは、病院で処方される処方薬な為に市販されていませんので、購入する場合には通販・病院で購入するようにして下さい。

関連ページ