足の臭いが気になったら、水虫に注意?

足の臭いが気になったら、水虫に気を付けてください。
臭いがあるということは、足に雑菌が繁殖している恐れがあります。
もともと汗腺が多い場所なので、雑菌が繁殖しやすいために、水虫になることもあります。

長時間、同じ靴を履いていると靴の中が蒸れてしまうために雑菌が大量に繁殖して水虫になるかもしれません。
毎日、同じ靴を履き続けるよりもローテーションで毎日違う靴を履くようにするだけでも水虫の危険性が低下します。
自分の足に合っている、履きやすい靴だけ履きたくなりますが、水虫対策を考えて数足用意したほうが良いです。

抵抗力が落ちると良くありません。他の病気を患う可能性も高くなりますが、水虫になる可能性も高くなりますから抵抗力が落ちることのないようにしましょう。
抵抗力が落ちると雑菌がより繁殖しやすくなります。こういう時には、いつも以上に足の臭いがきついと感じるのではないでしょうか。
おかしいと思ったら、無理をすることなく身体を休ませましょう。また、しっかりと食事を摂って体力を回復させてください。

体力が落ちていると感じる時こそ水虫になりやすいので、体力が落ちないように気を付けて過ごしましょう。
現代人は、不規則な生活も珍しくはありませんが、規則正しい生活のほうが体力が落ちにくいです。
できる限り規則正しい生活を送るようにすれば、雑菌の繁殖も防げますし、足の臭いがきつくならなくて済みます。

おかしいと感じたら、お風呂で足の指の間まで丁寧に洗いましょう。
指の間は、おろそかになりがちですし、蒸れやすい場所なので雑菌が繁殖しやすいです。
指の間は1か所ごとに洗うくらいのほうが良いので、丁寧に洗ってください。

皮膚に雑菌が繁殖しなくなれば、足の臭いも取れます。
お風呂での洗い方を変えることも水虫を防ぐことができますから、臭いがおかしいと思う前からやってみませんか。
少しでも足の臭いが気になったらすぐにでも対処してください。

なぜ足は匂うのか?その原因を探る

そもそもなぜ足は臭うのでしょうか。汗の臭いですが、みんなの汗の臭いが臭いとは言い切れません。
汗の臭いに差が出る要因は、雑菌が繁殖しているかどうかです。汗は無臭ですが、雑菌が繁殖することで臭くなります。

雑菌が繁殖する原因を探ります。実は、食べものが関係しています。
乳酸菌が含まれている食べものを食べるようにすると汗の臭いが改善されます。
栄養バランスの良い食事ができていなかったり、タバコやアルコールが多いと汗の量が増えますから足の臭いもきつくなりやすいです。

発汗を促す食べもの以外にも、脂肪分が多い食べものも要注意です。
乳製品や動物性たんぱく質が多い食べものは、脂質の分泌が増えるためです。
夏にこれらをたくさん食べれば、ますます水虫を患う可能性も高くなります。

もともと足には常在菌が皮膚にあります。誰もが持っていますし、常在菌が様々な原因によって繁殖しすぎてしまいます。
原因は、靴によって蒸れることもそうですし、汗をたくさんかくこともそうです。
抵抗力が落ちることも原因の一つですから、どうやって生活するかによって変わります。

水虫でなくても臭いことは当たり前だと思ってしまいますが、臭いだけではなくかゆみが生じるかもしれません。
かゆみがない水虫もあるために、治療が遅れてしまう恐れもあります。
足の臭いが気になりだしたら、医療機関を受診して水虫かどうかを診てもらってください。

水虫は、治療すれば治ります。たとえ、水虫ではなかったとしても足の臭いが改善するかもしれません。
足のきつい臭いは必ず水虫とは言えませんが、危険性はあります。
普段から、以上のことを気を付けていれば水虫を患わなくて済みますので、実践しましょう。

関連ページ